スポンサーリンク

コインランドリー店内清掃の手袋はコレがオススメ!経費節約の秘策とは?

おすすめグッズ
スポンサーリンク

コインランドリーの毎日の清掃。

コロナ禍になって、以前よりも清掃、消毒に気を使うようになりましたよね。

お客様向けにはアルコールスプレーや、ウェットティッシュを用意したり。。。

清掃パートさんに対しての感染対策も重要ですよね。

当店でも、以前は手袋などせず、清掃していたのですが、
コロナ禍になり、ゴム手袋を必ずはめて清掃をお願いしています。

そこで!
今回見つけた手袋のご紹介と、コストを下げるための施策をご紹介します!

スポンサーリンク

手袋の種類って?

手袋も色々ありますよね。
清掃用、介護用、医療用、家事炊事用。。。
材質もゴム手袋、ポリエチレン手袋、ニトリル手袋、などなど。。。

うちでもできるだけ丈夫で安い手袋がないか、色々試しました。

もちろん使い心地も良くないといけません。

サイズも重要です。

介護用の手袋を使ってみたり。

炊事用の手袋を使ってみたり。

他には調理用とか、色々試して見ました。

なかなかしっくり来るのがない中、補助金もあったので
コレを使ってみました!

ニトリル手袋。
エステー社のものなので、やっぱり丈夫で安心です。
サイズも3サイズあり。

でも、コレ、ちょっと高いんですよね。確か購入価格は、3,050円(税込)ほど。

1日2枚1組で使うとして、1日あたり、61円。。

ワンコインビジネスのコインランドリーとしては、毎日のこととなると結構手痛い金額です。

同じ、ニトリル手袋でもう少し安いのないかしら??と探したのがコレです!

おすすめニトリル手袋はこれだ!

松吉医科器械という、ちょっと知らないメーカーだったので、

不安もありましたが、まずはポチっとしました。

届いたニトリル手袋はこんな感じです。

以前のエステー社製と全く見劣りしません。

毎日のコインランドリー清掃で使ってみても、ほとんど破れることはありませんでした。

ただ、コインランドリーの機器はどうしても鋭利なところとかあります。
そういうとこに引っ掛けちゃうと流石に破れる。

これも、メーカー品と変わらない頻度くらいでしょうか。

とにかく、引っ掛けてもないのに、知らない間に破れてる!ってことはありませんでしたので、
これはリピですね!

私が購入したときは1箱、1,540円でしたので(送料無料)
1日2枚1組で使うとして、1日あたり、31円です!

結構安くなりました!

でももっと経費を節約できる、ちょっとした知恵があるんです!

1日あたりの手袋代を半額?!〇〇すればいい!

色々とニトリル手袋を調べてみても、値段はそこまで安くないし、変わらないんですよね。

どうしても1日2枚1組で使うと、1日あたり30円はいってしまう。

それを安くするアイディアをご紹介します!

それは、

使い捨てにしない!

え?普通じゃん?って思われました?

確かに普通ですね。
ニトリル手袋は丈夫なので、1日で破れるなんてことはそんなにありません。

だから、次の日も使うようにすると、経費削減になりますよね!

実際、コインランドリー清掃が短時間で終わったときなどはそうしていますが(*^^*)

いやいや、、、

そうじゃないんです!

はい、ではもう一つのアイディア、いってみましょう!

それは、

利き手だけ、ニトリル手袋を使う。

ということです。

もし、利き手が右手なら、右手だけニトリルゴム手袋をつかいます。
左手は、普通の炊事用のゴム手袋(耐久性のあるもの)を使います。

ニトリル手袋のメリットは、丈夫で破れにくく、衛生的で、手にフィットするので、
お掃除しやすいし、肌感覚で作業ができます。

でも実際、お掃除するときって、利き手を多く使いますよね?

利き手じゃない方の手は、正直ニトリル手袋でなくても、多少ぶかぶかでも丈夫なのを使えば
いいんです。

よく使う利き手だけニトリル手袋に。

あまり使わない方は、とにかく衛生面だけを確保する意味で、
安い耐久性のあるゴム手袋で十分なんです。

こんな感じ。

右手はニトリル手袋で、ピッタリ!お掃除もしやすそうです。
左手は、炊事用ゴム手袋で、多少ぶかぶかですが、耐久性は1シーズン持つくらいあります。

これで、1日あたりのコストを半分に削減できます!

当店で使用しているニトリル手袋はこちら。

また、非利き手用のゴム手袋はこちら。こちらもオススメです。

小さなところからコツコツと、経費削減!
利益アップを目指しましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました